宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武豊が落馬! アマポーラに凱歌 第33回エリザベス女王杯

2008年11月17日 紙面から『第33回エリザベス女王杯』(G1・京都競馬場・芝2200メートル)が16日に行われ、4番人気のリトルアマポーラが快勝。3歳馬が古馬の強豪を制してG1初勝利を飾った。タイムは2分12秒1。2着には1番人気のカワカミプリンセス、3着には2番人気ベッラレイアが入った。3番人気で武豊が騎乗したポルトフィーノは、スタート直後に落馬するアクシデントに見舞われた。C・ルメール騎手(29)、長浜博之調教師(62)はともに同レース初勝利だった。スタート直後だった。赤い帽子の騎手が振り落とされ「おっと1頭落馬。ポルトフィーノです」のアナウンス。史上初となる姉アドマイヤグルーヴとの姉妹制覇を狙い、単勝3番人気に推された超良血の悲劇に、場内はどよめき、その喧騒(けんそう)がしばらく続いた。桜花賞は左前ハ行で取り消し、オークスは骨折で出走かなわず、秋華賞は賞金不足で除外。ようやくG1の晴れ舞台に立てたポルトフィーノだが、「自分の前脚を後ろ脚で引っかけて転んでしまって。ゲートが開いて1歩目だからね」と、武豊はがっくり肩を落とした。武豊のG1でのスタート直後の落馬は6年前にもあった。02年10月20日の菊花賞。単勝支持率31%を超す1番人気ノーリーズンはゲートが開くと同時にバランスを崩し、武豊が馬上にいたのはわずか3完歩だった。武豊はしばらく馬場に横たわり、担架で運ばれたが、今週の騎乗に影響のない程度の打撲ですんだ。ポルトフィーノも「左前脚と右トモのつなぎに外傷を負ったようです」(角居調教師)。人馬とも傷は浅いが、心に受けたダメージは大きい。「この馬のために、スタッフは一生懸命頑張ってきて、ボクも楽しみにしていたのに」と武豊は表情を曇らせ、角居師も「残念というしかありません」と言葉を詰まらせた。しかし、まだ3歳。巻き返すチャンスはいくらでもある。無冠のまま、悲劇のヒロインでは終われない。 (武田和則)この

[引用元:中日スポーツ]

夜行電車 記憶術 方法 webデザイン 通信講座 福利厚生倶楽部 小林製薬 フェミニーナ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。