宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海がきこえる海がきこえる
出演:近藤勝也
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2003-08-08


高知県土佐で青春時代を過ごした青年・拓が、帰省する飛行機の中で高校時代を回想していく。そのなかには、両親の離婚のため東京から引っ越してきた、成績・運動ともに優秀でありながらも、誰にも心を開こうとしない少女・里伽子の存在があった…。
スタジオジブリの若手スタッフが中心となって作り上げた青春TVアニメ・ムービーで、後に劇場公開。監督は『めぞん一刻 完結編』などの望月智充が担当している。作画枚数など他のジブリ作品に比べると見劣りするが、そこを逆手にとっての淡々とした味わいが、独特の好ましい雰囲気を醸し出している。また、それは現代の若者ならではの淡白さをも露呈させているような気もしてならない。氷室冴子の原作は、その後武田真治主演によるTVドラマ化もなされている。(的田也寸志)

2002-07-24
自分は地方出身者ではないけれど、なんだか誇れる地元を持っているのがうらやましく感じたのと同時に、自分の青春時代を思い出してしまいました。この映画の舞台になった高知には是非行って見たいと思います。そして映画の中にある夜の高知城をボーっと見上げられたらなって思います。大学生になった二人がどんな生活を送るのか?ドラマではなくてアニメでやってもらいたいですね。あの声で!


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。