宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫の恩返し / ギブリーズ episode2猫の恩返し / ギブリーズ episode2
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテインメント
発売日 2003-07-04


『猫の恩返し』:宮崎駿が企画し、新人・森田広幸が監督したスタジオジブリ作品。同社の1995年度作『耳をすませば』の姉妹編的要素をもつ作品でもあり、原作は柊あおい。車にひかれそうになった猫を助けたことから、猫の国に招かれた高校生少女ハル(声:池脇千鶴)の冒険を、ジュヴナイル感覚で描いていく。
作画や演出タッチなど従来のジブリ作品とは大いに異なり、冒険のダイナミズムよりも、どこかはかなげで淡々とした思春期の味わいをこそ強調している節もある。いわば21世紀のジブリ・アニメの模索の始まりともいえる作品だ。
はじめはハルを息子の嫁にと願っていながらも、その息子に恋人がいるとわかるや、自分の嫁にと無理強いする傲慢な猫の王様の声を、丹波哲郎がこの名優ならではの怪演で披露し、映画的な間を多いにもたせている。(的田也寸志)

『ギブリーズ episode 2』:架空のアニメ製作スタジオ「ギブリーズ」で働く面々を主軸に据えての日常を描いた、スタジオジブリの短編アニメで、監督は『ホーホケキョ となりの山田君』の演出を担当した百瀬義行。名物カレー屋とギブリーズとの熾烈な激辛カレー対決を3D・CGを駆使して描いた『カレーなる勝負』や、マイムマイムのメロデイをバックに小学校時代の恋を回想するパステル・タッチの『初恋』など、4つのショート・ストーリーが繰り広げられていくが、それぞれ描写の手法を変えているのがおもしろい。
声優は西村雅彦、鈴木京香、小林薫など、ジブリアニメならではの豪華布陣だが、こうした実験的短編は、専門の声優を起用した方がケレンが加わって良かったのではないかとも思う。(的田也寸志)

さくっとファンタジー 2004-05-08
1時間弱と短いお話なので、ちょっと息を抜きたい時なんかには
ちょうどいい作品です。
ギブリーズの方もそうですが、パステルカラーの彩色がとても
綺麗で、劇的なシーンがあるわけでもないので、のんびり
見ていられます。あと猫好きには嬉しい設定ですね。みんな
普通に喋るので、あんまり「猫」という気はしませんが・・。「自分の時間」というのがキーポイントになっています。
主人公のハルはちょっとした事から現実から猫の国に逃げる
のですが、そこまで思い詰めてた?とギモンに思わないことも
なく。この辺の心情が理解できるかは、見た時の気分による
かもしれません。時々、どこかでぼんやりしたいなぁと
感じる事もありますしね。猫と喋れたら面白いかもなぁと思いました。
声も、特に違和感があるわけでもなかったです。丹波さんが
いい味出しています。
主題歌も爽やかで、軽い気持ちで体験できるファンタジーです。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。