宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付きハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2005-11-16


国内はもちろん海外でも高い評価を受けた『千と千尋の神隠し』から3年を経て、宮崎駿監督が発表した長編アニメーション(2004年公開)。魔女の呪いで90歳の老婆に変えられてしまった少女ソフィーと、人々に恐れられているが実は臆病者の美青年魔法使いハウルが、王国の争いに巻き込まれながら心を通わせていく。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作としたファンタジーだ。
ハウルの城がもやの中にその姿を現すファースト・シーンだけで観客を別世界に引き込む手腕からして、やはり圧倒的。エピソードの因果関係などが若干わかりにくいきらいはあるものの、晴れた日の海の輝き、静謐に佇む湖が与える安らぎ、日常の中に訪れる平和な時間といった、何気ない一瞬の素晴らしさに心を奪われずにおれない。「千と千尋~」同様に、大筋と言うよりは細部にこそ味がある作品と言えそうだ。(安川正吾)

荒地の魔女は最高ですぜ 2005-04-16
ネタバレ含みます。タイトルバックの映像とか見てるとすぐに世界に引き込まれます。
最初の空中散歩の場面は素敵でした。美術は良い。
ハウルの声は思ったより合っていた。
ソフィの声は、婆ちゃんの時は優しそうで良かったのだが
ちょっと若い子を演じるのは無理があるように感じました。ストーリーはちょっと詰め込みすぎで、焦点がぼやけている気がする。
大々的に恋愛メインと宣伝されていたから、肝心の恋愛描写に不満を持つ人の意見は最もだと思う。
ソフィーとハウルの関係は、どちらかというと母親と息子の愛っぽかった。キーとなる呪いがなんとなく解けちゃった様なラストはまずいと思う。
ソフィの容貌が最初と変わってしまったのはいただけない。でも、ソフィーがおばあちゃんに「お願い」する場面は感動した。
なんか、いいとこも沢山あるのですが自分の中では単調な映画でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。