宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔女の宅急便魔女の宅急便
出演:宮崎駿
ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント
発売日 2001-06-08


1989年の宮崎駿監督による劇場用長編アニメーション作品。13歳になり、魔
女の修業のために黒猫ジジとともに街を出る少女キキ。新たに住まいとして
選んだ街で配達屋として暮らす中で、居候先のパン屋のオソノさん、空を飛
ぶことにあこがれる少年トンボなど、さまざまな人との出会いをとおし、落
ち込んだりしながらも魔女として、人として成長していく姿を描く。
修業に旅立つところから物語が始まるのだが、そのやや長めの場面で早速こ
ちらを映画に引き込ませる。そしてほうきで飛び立ちスイッチを入れたラジ
オから荒井由実の「ルージュの伝言」が流れ、やっとタイトルが現れる。そ
のタイミングの見事さ。物語も演出も細部に至るまで実に丁寧に作られてお
り、何度も繰り返し観たい作品になっている。(田中 元)

キキが大好きです! 2002-06-22
魔女の宅急便は、わたしが小さい頃よくレンタルビデオで借りてきて見てい
ました。その頃からこのお話は大好きだったのですが、最近、いろいろうま
くいかない事があり落ち込むことが多く、ふと魔女の宅急便のことを思い出
し久しぶりに見てみると、あーキキは今のわたしみたいだ、と思いました。
それでも新しい街で一生懸命がんばっている姿を見て、すごく勇気がわきま
した。わたしもがんばろう!と思いました。本当に良いお話です!!


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。