宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茄子 アンダルシアの夏 コレクターズ・エディション茄子 アンダルシアの夏 コレクターズ・エディション
出演:
バップ
発売日 2003-12-21


スタジオジブリの大ヒット作『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』で作画監督を務めた高坂希太郎の監督デビュー作。故郷アンダルシアで開かれる一大自転車レースに参加するペペ。しかしレース当日は、彼の元恋人と兄の結婚式と重なってしまい、さらにレースの最中、彼は無線で、スポンサー企業から解雇される話を聞いてしまう。
過剰なほどの鮮やかなブルーで再現される空。その下に広がる南スペインの風景を見るだけでも、晴れやかな気分にさせる。作画のタッチ、とくにキャラクターはジブリ作品のテイストを受け継ぎながらも、要所で原作(黒田硫黄のコミック)のタッチも採用。自転車レースでは、俯瞰(ふかん)などのアングルを駆使することで、マラソン中継を見ているような緊張感とともに、チームレースとしての駆け引きを楽しめる。ドラマ部分が焦点を当てるのは、故郷に対するペペの屈折した心境。彼の思いが集約されるクライマックスは、ジブリ作品とはちがって、大人にしか分からない切なさが伴う。そして、47分という長さは、自転車の疾走感と同じように、スカッとした印象を残すのにぴったりだ。(斉藤博昭)

本編ディスクは必要なかった。 2004-03-09
 本編は申し分なし。
 ただ、値段が…もう少し安く設定出来なかったのかな? 勘違いをしている人が多いみたいだけれど、特典ディスクには全編絵コンテが収録されているのと連動して本編も収録されています。
(切り替え可能)
 それも、本編ディスクよりもいい音で。(DTS5.1ch) 更に『自転車ショー歌』も本編の編集ではなく、オリジナルの映像で元ネタ説明アニメが収録されていて、それも事足ります。 こうなってしまうと、本編ディスクを再生する意味はなくなってしまいました。
 映画予告編を何度も観る程物好きな人は少ないであろうから。 あとパッケージの仕様がよろしくないです。完全にふたが出来なくて、気を抜くと解説書が落ちる状態です。(解説書のできは自転車レースを知らない人でも判りやすいものになっていたのに) それでも特典ディスクを購入した理由は…やっぱり大泉君目当て。 ニ十年前のアニメ製作発表記者会見かと見間違えるような主演俳優にインタビューしない記者達、出陣式での意外な拍手の多さ、そしてどことなく司会者との話が噛み合なくて軽く「あなた僕の事知らないでしょ!」と切り返す姿。 これで雑誌等で本人が暴露していた話{自転車で颯爽と現れたら、野次馬から「おおっ、来たぞ!来た…誰だこいつ?」と言われてしまった}と東京・札幌での初日舞台挨拶の模様も収録されていたらもう少し星も加えられたけれど。

 もう、高ければ買うという時代ではないと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。