宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風の谷のナウシカ風の谷のナウシカ
出演:久石譲 /高畑勲 /辻村真人 /ツジムラマサト /京田尚子
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2003-11-19


腐海(ふかい)と呼ばれる毒の森とそこに棲む蟲(むし)たちに支配された
世界。辺境の王国・風の谷には、自然を愛で、蟲とすら心を通わせる少女ナ
ウシカがいた。腐海を焼き蟲を滅ぼそうとする大国の争いに巻き込まれなが
らもナウシカは、人を愛するのと同様に蟲たちをも愛そうとする…。

アニメ誌に連載していた自らの漫画を原作に、宮崎駿が監督を務めた劇場用
長編アニメ。母の優しさと獣の荒々しさを兼ね備えたヒロイン、おぞましく
もどこかしら哀しさを感じさせる蟲という存在、あるときは風に乗りあると
きは雲を割いて空を駆ける飛行機械など、それまでの宮崎作品の集大成にし
てその後の原点と呼べるような1本だ。音楽を久石譲が手がけて「宮崎×久
石」の黄金コンビが生まれるきっかけともなったが、そのテーマ曲も美しい
ことこの上ない。

巨大な王蟲(オーム)の群れが暴走するクライマックス、そしてナウシカの
純粋な魂が胸を締めつけるラストシーンは圧巻。日本のアニメ史上にさん然
たる金字塔をうちたてた作品である。(安川正吾)

後期の最高傑作だが、中途半端。是非原作を。 2003-08-04
 さて、待ちにまった「風の谷のナウシカ」がやっとDVD化されることをまず
は喜びたい。わたしとて、某女優(歌手?)やストーリー的には「こんなの
許せない」と思いながらも、最後はまんまと泣かされた口である。(ここら
辺の見せ方はやっぱり一流。)まずはDVDのすばらしい再現性を素直に楽しみ
たいと思う。 しかし、わたしにとっては(初見時には)映像的にはともか
く話としては「根」の部分で納得することができなかった映画でもある。
が、その答えは原作にあった。 特に、ナウシカ達がわれわれと同じ人間だ
とか、王蟲が自然の生物だと思っている人、単純にこの作品が環境問題を取
り上げているのだと思っている方々、DVDの発売が待てないあなたや、ナウシ
カをより楽しみたいと思っているあなたには是非原作の方も読んで欲しい。
わたしが納得できなかった「根」の部分がそこに描かれ、結果として映画の
台詞から受ける印象や映像の感じ方が今までとは変わり、きっとあなたもあ
の禍々しい巨神兵にさえ愛と悲しみを覚えることになる。(うそじゃない
よ。) そしてこの作品がそんな薄っぺらな物ではなかったことに改めて驚
き、ナウシカという作品がますます愛しくなるに違いない。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。