宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅の豚紅の豚
出演:宮崎駿
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2002-03-29


1920年代のイタリア、アドリア海には空賊相手の賞金稼ぎをしている豚がい
た。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」とのたまう彼の名はポルコ・ロッソ。紅の
翼の飛行艇を乗りこなすこの豚の活躍を小気味よく描いた航空活劇であ
る。
『となりのトトロ』などを手がけた宮崎駿監督作品だが、一連の宮崎作品に
比べるとカジュアルで軽快な出来に仕上がっているのが特徴。中年男(い
や、豚)が主人公というのもめずらしい。歌手の加藤登紀子が主題歌のみな
らず声優として参加したことでも話題になった。
荒々しくもいとおしい飛行艇乗りたちの姿や、クライマックスの空上の対決
シーンなど世代を越えて楽しめることは間違いないが、豚なのに、いや豚だ
からこそ自由に生きるポルコを見れば、「飛ぶこと」を忘れてしまった大人
ほど感じるところは多いかもしれない。(安川正吾)

宮崎アニメの最高傑作! 2002-06-11
アドリア海で繰り広げられる男達の戦い・・・。このアニメにはいたるところに
男のロマンともいうべき描写がある。その世界観を構築しているのには声優
人の活躍が大きい。主人公であるポルコ・ロッソ役の森山周一郎、カーチス役
の山寺宏一、またジーナ役の加藤登紀子も然り。アニメでは声優人の出来不
出来で作品の価値ががらっと変わってしまう。しかし、このアニメではいわ
ずもがなである。また宮崎アニメの魅力はストーリーや音楽もさることなが
ら、細部にまでこだわった映像にある。特に色使いにはこだわりを感じる。
陽光に映える飛空挺の『紅』は、一度観たら脳裏に焼きついて離れないので
はないだろうか。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。