宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。 いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
埼玉県所沢市在住。別名として秋津 三朗(あきつ さぶろう)、照樹 務(てれこむ)がある。杉並区立永福小学校、杉並区立大宮中学校、 東京都立豊多摩高等学校、学習院大学政治経済学部卒。

株式会社スタジオジブリに映画監督として所属し、取締役として経営にも参加している。また、自身が企画開発した三鷹の森ジブリ美術館の館主である。個人の事務所は株式会社二馬力で、主に宮崎の著作権関連の管理を行っており、自身は代表取締役社長である。血液型はO型。

1997年に公開された『もののけ姫』は、前年の徳間書店とディズニー社の業務提携によるジブリ作品の世界進出のニュースや、ジブリ史上最大の製作費、宮崎の監督引退説(後継者として育ててきた近藤喜文の急逝によって、引退出来なくなってしまったとする説もある)などが話題になった事もあり、「E.T.」が持っていた日本の映画興行記録を塗り替える大ヒット作となった。

2001年に発表した『千と千尋の神隠し』は「タイタニック」に奪われた日本映画界の興行記録を奪還する304億円の興行収入を達成。同作品は2002年にはベルリン国際映画祭で金熊賞を、2003年にはアカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞するなど海外でも高く評価された。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。